【サウナ】がもたらす凄い効果とは?整うを体験し心も体もリフレッシュ!

どうも、ぽてとです。

日々のお仕事、お勉強お疲れ様です。

 

今空前のサウナブームなのはご存知でしょうか?

なんでもビジネスエリートは「サウナ好きが多い」とかなんとか

ではなぜサウナが人気があるのでしょうか。

今回はサウナで得られる効果を紹介したいと思います。

結論から言うとサウナの効果は体に良いことしかありません!

もうサウナ最高です!

この記事を読んだあと、あなたも「サウナー」になっていることでしょう!

本記事の内容は医者が教えるサウナの教科書に記載されています

スポンサーリンク

目次

サウナで得られる効果は?

サウナで得られる効果はこのようなものがあります

・脳疲労は取れる
・頭の回転が速くなる(冴える)
・メンタルが安定する
・睡眠の質が良くなる
・目・肩・腰の疲れが取れる
・肌が綺麗になる
・代謝が上がり痩せやすくなる

サウナに入るだけでコレだけの効果が期待出来ると言うわけです。

サウナってすごいですね!

サウナに入ると体に起こること

サウナに入ると体の中で目まぐるしい変化が起こっています。

順に分かりやすく説明していきます。

サウナ

サウナに入るとどうなるかと言うと、周りの環境が熱くて、体が「コレはヤバイ、異常事態だ」

と反応します。

この時、体では交感神経が有意に働いています。

戦闘態勢と言うことですね。

水風呂

水風呂に入ると急に高温から低温になることで更に体が「ヤバイ、これは危機的状況だ」

と反応します。

この時も体では交感神経が有意に働いてる状態です。

危機的状況2連発ですね。

外気浴

そしていよいよ外気浴です。

外で寝そべったり、座ったりしてくつろぎます。

危機的状況2連発の状態から安全世界へ戻ると体は安心してリラックスモードになります。

この時は副交感神経が有意に働いてます。

これが俗に言う【整う】状態です。

この時が気持ちよく最高の状態です。

サウナの正しい入り方

私は昔サウナに入っただけで終わっていました。

それがサウナだと思っていたからです。

しかしそれは間違いでサウナには正しい入り方があり、それにより最大のサウナ効果を得られます。

サウナ→水風呂→外気浴

が一連の流れで、これを3〜4セットが基本になります。

サウナの入り方

目安としては5〜10分に入る事がおすすめです。

ただし人によって体の温まりやすさや

設備によってサウナの温度も違います。

なので体感として【背中の真ん中が温まるぐらい】が良いと思います。

もっと細く言うと脈拍が平常時の2倍になったら出るのがベストです。

水風呂の入り方

目安は数十秒〜2・3分です。

こちらも人や設備によって温度の変化に違いがあると思います。

体感としては【気道がスーっとし始めるぐらい】が良いかと思います。

もっと細かく言うと脈が平常時になったら出るのがベストです。

水風呂に入る際のコツとして大きく息を吸い込んで、吐きながら入りましょう!

外気浴のやり方

いよいよサウナの真髄の外気浴です。

タオルで体を拭いた後、横に寝そべるか椅子に座ります。

時間は5〜10分が目安です。

可能であれば横に寝そべる事をおすすめします。

血液が全身に巡りやすいからです。

足の末端が冷たく感じたら終了です。

外気浴のコツとしては水風呂から出たらすぐに外気浴をする事です

まとめ

サウナで得られる効果
・脳疲労が取れる
・頭の回転が良くなる
・メンタルが安定する
・睡眠の質が良くなる
・目・肩・腰の疲れが取れる
・肌が綺麗になる
・代謝が上がり痩せやすくなる

サウナに入ると体に起こること

体は2度の危機的状況になる→一気に開放されリラックス状態→整う

サウナの正しい入り方

サウナは5〜10分が目安

水風呂は数十秒〜2・3分

外気浴は5〜10分

以上がサウナのまとめになります。

外気浴は5〜10分と書きましたが真の【整う】時間は2〜3分です。

この時間が最高の時間なのであなたも是非体感してみてください。

今回の記事の内容はコトラの本に記載されています↓

もっと詳しく知りたい方は是非、手にとって読んでみてください!

サウナは自分がやりたいようにやるのも大事です。

一番気持ちいいと思えるやり方を是非追求してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる